プロミスの利用中、返済が遅れそうなときは?

プロミスの利用中には返済が遅れないようにしっかり計画をたてるというのが基本中の基本ですが、人にはアクシデントが付きものです。しっかり計画を立てていたつもりでも、どうしても遅れる時が出てくるかもしれません。そのようなときにはどういった行動を起こせばいいのでしょうか。


<取り立ては怖い?>

プロミスは貸金業者に科せられている法律を厳守している正規の消費者金融です。そのため取り立てに関しても法律の範囲内でしか行いません。昔の映画やドラマに見るような、恐ろしい取立てを行うことはありません。取立てについても事細かく法律によって制限されていますので、それに反する取り立ては出来ないことになっているのです。もし違反すれば、刑事罰や行政処分を受けることになります。しかし利用者も最低限のルールは守らなければなりません。


<遅れそうなときには?>

プロミスの返済に遅れそうなときには、それがわかった時点で速やかに連絡を入れましょう。「もしかしたら遅れないかもしれない」といったときにも、予めその旨を伝えておいたほうが賢明です。もしそれで遅れなく支払えたならばよしですし、遅れたならば先の話しておいてよかったということになります。遅れについて連絡を入れる際には、いつなら支払えるという支払計画も合わせて伝えることが出来るようにしておくことが理想的です。しかし支払計画が告げられない時であっても、必ず連絡は入れましょう。